オール電化や自家発電と相性のいいエコキュート!その販売設置業者を比較形式で紹介しています!

エコキュート購入で補助金がもらえる?申請方法の流れを知っておこう

公開日:2019/12/01  最終更新日:2019/11/13


これから環境に優しい電気給湯器のエコキュートを購入する場合には、自治体によって補助金などがでるために申請方法を知ることです。少しでも費用の負担が軽くなるように自治体で定められているので、知識としてもっていることで安心できます。

地球温暖化を考えて使っている

めまぐるしく変る経済状況の中で、国の政策目標として合致している企業に関しては、補助金などを用意していることも少なくありません。エコキュートもそのひとつになりますが、今では国への申請は終了しているために、地域にある自治体の制度によって決まりがあります。

中にはもう国からの制度がなくなったことによって、もう費用の一部を負担してくれないんだという気持ちになる人もいますが、正確ではないです。行政の役割のひとつでもある補助金があることによって数万円の費用負担が減りますので、これから考えている人は都道府県の自治体に問い合わせてみることも方法になります。

日本において世界との調和を試みることからも、省エネルギー化という観点から考えると、地球環境のことを保護して安全に利用することができることがあげられます。そのために最初に国が制度としてとらえて、時期が過ぎると地方自治体に任せるといった方向にシフトチェンジをしている状況になります。

ガス給湯器とくらべるとエコロジーなのは、フロンガスを出さないという方式になっているために二酸化炭素問題に対する意識が高いからです。化学作用がある二酸化炭素は自然界でも問題になっていて、先進国や発展途上国でも少しでも減らすように、国単位で努力をしていかなくてはいけない項目となっています。地球温暖化などの問題はひとりひとりの自助努力も必要となり、環境を改善できるだけの知識や技術をもって当たらなくてはいけません。

必要とされる複数の書類がある

エコキュートで補助金をもらうための申請方法としては、ヒートポンプ給湯器設置費補助金交付申請書が必要となり、前もって準備をしておくことです。自治体それぞれに目的や仕組みがありますので、地域によって違いがあるものの区役所や役場に問い合わせるともらうことができます。

またそれに伴って、ヒートポンプ給湯器の設置費用がでた場合に見積書や契約書の写しがいりますので、必ず契約書を確認しておくことです。その他にも必要書類としては、ヒートポンプの説明書から形状及び規格等が記してある資料があるとわかりやすいといえます。これらがあることでどのような企業から購入したのかを把握することができますし、自治体としてもわかりやすい資料として目を通しやすいです。

また本人確認ができる資料も送らないといけないので、購入者の運転免許証のコピーや住民票などを添えておくことも忘れてはいけません。エコキュートを設置する際の自宅の地図もいりますので、どの位置に設置するのかを把握できるようにわかりやすくしておきます。

そして大事なのは納税証明書などを用意しておかなくては、税金を滞納している可能性がある場合には自治体でも補助金申請を受けることができません。

これらの提出は自治体の窓口でおこなうことができますので、申請をしたい場合にはしっかりと書類を準備して手続きをしておくことです。

自治体において条件があるので注意が必要

このエコキュートを購入した場合に気をつけたいのは申請ができるための条件をそろえておくことにあります。自治体で参考としている対象設備の条件としては、ヒートポンプの技術が使われていて二酸化炭素を冷房として使用することができる給湯器というのがあります。

また未使用品であることが条件となっているので、取り付けてしまって間違っても中古で申請はできないということです。そして地域によって差がありますが、寒い土地柄のところで設置するとなると寒冷地仕様という特別な項目も見逃してはいけないです。

その他にもエコキュートの申請を違う地域に引っ越したのでまた申請できると感じている人もいますが、これは一度やってしまうとその権利はありません

当たり前のようですがこれらの注意事項を確認して自治体に申請をすることになりますので、自然環境を考えた自分自身ができることのひとつとしてサポートされています。購入をする前にガイダンスなどがありますので、自治体に問い合わせて利用可能かどうかを確認することもトラブル防止に繋がります。

 

地方自治体によってエコキュートに補助金がでる可能性がありますので、対象地域かどうかを確認することでわかります。たくさんの書類が必要となりますが、購入した事実確認や誰が設置するのか本人確認などもありますし、また税金の滞納があると認められないこともあります。

今は自然災害などもおきやすい世の中になっていることからも、少しでも環境を考えた暮らしを優先させることが大事です。それらを理解していくことによって、環境問題を考えたエコロジー意識が高まっていきますし、申請できることへのメリットを感じることができます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
大阪のエコキュート業者一覧
エコ突撃隊の画像1
記事一覧