オール電化や自家発電と相性のいいエコキュート!その販売設置業者を比較形式で紹介しています!

エコキュートの寿命や耐用年数について

公開日:2019/11/01  最終更新日:2019/11/12


エコキュートはオール電化を希望している家庭にとって、利便性の高い電気給湯器として知られています。導入するに当たり気になることのひとつとして、るどれくらい耐用年数があるのか、部品ごとに耐用年数があかでしょう。大阪など都市圏ではオール電化が多いため、導入を検討している人はぜひ知っておくことが必要といわれています。

平均的には10年前後が寿命となる

オール電化や太陽光発電を導入している家庭にとって、エコキュートは光熱費削減に最適とされている電気給湯器です。とはいえ、一般的にどれくらいの長さで買い換えなければならないのか、ある程度把握しておくことで給湯器の買い替えに必要な資金を貯めることができるでしょう。

家庭用に導入されているエコキュートの部品として挙げられているのが貯湯タンクユニットやヒートポンプなどで、それぞれの部品の寿命は異なります。基本的に貯湯タンクユニットをはじめとした部品の多くは15年ほど持つように作られていますが、ヒートポンプだけはやや短く10年程度とされています。使用状況や使用する頻度によってはさらに短い期間で故障する可能性が高くなるでしょう。

使い方によっては長持ちせず、故障してしまったという経験を持つ人が少なくないため、使い方に気をつけて定期的に利用することで長持ちできるでしょう。また、それ以外の部品の中にもさらに寿命が短いものも少なくないため、平均的な期間としては10年です。

設置場所や設置する機種によっても多少部品の消耗が激しく10年未満で交換することになる場合もありますので、注意してください。平均的には10年で交換することが一般的といわれているため、修理をおこなう前にある程度部品の交換などを確認してください。

定期的にメンテナンスをおこなえば使える

ヒートポンプは寿命が短く、さらにメーカーによっては10年以上たった給湯器の部品を処分してしまうことが少なくありません。新製品の部品を在庫としておく上で、古いものを処分してしまう傾向が強いからだといわれているため10年以上経過したものは修理不能となることが多いです。

そのため修理不能とされているものを交換しなければならなくなるため、10年以内に給湯器の費用を貯めておくことが望ましいでしょう。とはいえ、必ずしも10年以内に買い換えなければならないというわけではなく、定期的なメンテナンスをおこなうことで多少長持ちする可能性が高くなります。

導入した給湯器メーカーや、交換をした取り替え店で定期的なメンテナンス契約をおこなっていれば、契約内容に従って業者がメンテナンスをしてくれます。点検の際に気になる部分があれば、修理や部品交換をおこなうことも少なくないことから長持ちしやすいです。

補修を定期的におこない、メンテナンスで故障しやすい箇所をサポートするように修理をおこなうことによって、よりわかりやすく、納得しやすい修理ができます。点検のための契約がある場合にはなるべく積極的に契約をしておくことで、点検を定期的におこなって長持ちさせることができます。修理することによって長持ちさせることができることが多く、結果として10年以上エコキュートを使い続けられるところも少なくありません。

部品それぞれの値段をある程度把握しておく

メーカーの保障内であれば無料で交換をしてもらえますが、故障が発生したときに部品を交換する場合、費用がかかります。部品によっては10万円以上の費用がかかる場合もあるため、費用によって機器を交換するか部品を取り替えるかを決めなければなりません。特に修理を何度もおこなう場合には、早めに交換をしておくことによって、部品交換でかかる費用を抑えることにもつながるでしょう。

部品によっては割合安く仕上がることもありますが、修理箇所によって部品の価格が変わるため、必ずしも安いとは限りません。そのため、機器の耐久性を頭に入れてエコキュートを購入することが、家庭で長く使い続けるためには必要といわれています。機器を購入するときに、あらかじめエコキュートの耐久性を理解して購入することで、よりいっそう長持ちする機器を使い続けられるでしょう。

また、長持ちさせるためには給湯器の使い方にも注意をしておくことで、よりいっそう長く使い続けられるといわれています。例として、入浴剤を使用せずに使い続けることが、長持ちするポイントとして知られているため、事前に確認をしてください。給湯器の寿命を縮める入浴剤も少なくないことから、あまりエコキュートでは入浴剤を使用することを推奨していないといいます。

もちろん、エコキュートでも使用できる入浴剤は存在しているため、事前に確認を取ってから使用しましょう。なお、生活面で普段使用している水の質が原因により寿命が短くなる可能性もあるため、地域によっては水質を確認してから導入してください。

 

エコキュートは利便性の高い給湯器といわれていますが、基本的には10年から15年ほどの寿命であるといわれています。部品によっては10年持たない可能性があるものも存在しているため、定期的なメンテナンスをおこなって利用することが望ましいでしょう。

また、部品の価格を把握し、あまり高額となる修理が続くようであれば修理ではなく、交換することが家計を圧迫させない選択肢といえます。なお、水質や使用方法によっては10年といわれている寿命がさらに縮む可能性もあるといわれているため、注意して使用することが必要です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
大阪のエコキュート業者一覧
エコ突撃隊の画像1
記事一覧