オール電化や自家発電と相性のいいエコキュート!その販売設置業者を比較形式で紹介しています!

お湯がない…エコキュートがお湯切れしたときはどうすればいいの?

公開日:2020/01/15  最終更新日:2020/01/24

大阪でエコキュートの魅力に駆られて導入し快適な生活を送っていたものの、ふとしたときに思っていなかったようなトラブルが起こって困ることもあります。

例えば、エコキュートを使っているときにお湯切れを起こしてしまったときにはどうしたら良いのでしょうか。

お湯切れになるとどうなってしまうのか

エコキュートを使っているときにお湯切れを起こしてしまうとそもそもどうなってしまうのかがわからない人もいるでしょう。結論から言えばお湯が出なくなってしまいます

これはどのようにしてお湯を出しているのかを原理的に考えてみれば簡単にわかることです。エコキュートではあらかじめ貯湯室の中に熱湯を作っておいて、その熱湯と普通の水を混ぜて温度を調節して蛇口から出すという仕組みになっています。お湯は常に沸かしているのではなく、一度にまとめて高温まで加熱した後は保温するだけにしてあるのが特徴です。

通常は一日一回だけ沸かす仕組みになっていて、夜間の安い電気を使って沸かすことにより光熱費を節約できるように設計してあります。そして、夜に貯めた熱湯を昼間に少しずつ使っていき、夜になったら水を足して沸かすという形になっているのです。そのため、お湯がなくなってしまうと水しか出なくなるというのは当然と言えるでしょう。

お湯切れを起こしたらどうすべきか

お湯切れを起こしてしまうとお湯が出ないので水でしかシャワーも浴びられないことになってしまいます。しかし、お湯がなくなってしまったときの対策として手動でお湯を沸かす機能もあるので問題はありません。

水の量を指定してその場で沸かしてお湯を貯めることができるのです。ただ、瞬間湯沸かし器ではないので一瞬にして熱湯ができるわけではありません。沸かす量が多いほど時間もかかってしまうので、できる限りすぐに使いたいというときには最小限の量で沸かすようにしましょう。

高温になるまでお湯を使えないわけではないということも知っておいたほうが良いでしょう。お湯がある程度の温度になればぬるま湯は出せるようになります。高温でないとだめな場合には待つしかありませんが、冷たいシャワーよりはマシな温度でシャワーを浴びられれば良いというのなら、お湯を沸かし始めてから間もなく使えるようになるでしょう。

お湯切れは起こさないように事前の対策をしよう

お湯切れを起こしてしまうと使い勝手が悪いのはエコキュートの問題点ですが、原理的に仕方がない部分でもあります。お湯が減るとアラートを出すような設定もできるので、お湯が減ったら沸かし足すようにするのが賢明です。

ただ、昼間にスイッチを押して沸かし足した場合には昼間の電気料金を払うことになってしまいます。エコキュートの経済的メリットを活かすためには夜のうちに必要な分を沸かしておくに越したことはありません。

お湯切れを起こさないように事前に対策するようにしましょう。具体的には使い切れるような量を沸かすのではなく、余裕を持って沸かすようにするのがまず大切です。余ったお湯があっても捨ててしまうわけではないので特に問題はありません。

確かにぴったりの量のほうが無駄がないのは事実ですが、保温性が高い貯湯室なのでそれほど大きなコスト差は生じないでしょう。また、普段よりもたくさん使う予定があるときには手動で沸かす量を増やしておくのが良い方法です。

エコキュートは使用量を学習して沸かす量を自動調節してくれる機能もあります。しかし、友人が泊まりに来たときにはシャワーを使う人が増えるので水をかなりたくさん使ってしまうでしょう。あるいは季節の変わり目でシャワーのみからお風呂にお湯張りもするようになるとさらにお湯をたくさん使うことになります。このようなときに前もって設定を変えて沸かす量を増やしておけばお湯切れを起こさずに済みます。

基本的には前日の夜に沸かし始める前までに設定を変更してしまえば大丈夫なので、何か翌日にお湯をたくさん使う機会があると気づいたら忘れずに設定を変えるようにしましょう。

 

エコキュートはお湯切れを起こしてしまうとお湯が全く使えなくなってしまうので注意が必要です。お湯がなくなって困ってしまったときにはお湯を沸かし足さなければなりません。

すぐにお湯が沸くわけではないのでお湯が温まるまで待つことが必要になります。ただ、ぬるま湯でも構わないのであれば高温になる前でも使えるので適宜温度を確認して使えるようになるタイミングを見計らいましょう。

エコキュートではお湯切れを起こさないように多めに沸かすようにするのが大切です。来客があるときや季節の変わり目などにはお湯を多めに沸かすように設定を変更しておくのが良いでしょう。昼間に沸かし足すと昼間の電気料金を払うことになってしまいます。経済的メリットを活かせるようにするためには、前日の夜にお湯をたくさん沸かすようにするのが大切なのです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
大阪のエコキュート業者一覧
エコ突撃隊の画像1
記事一覧