オール電化や自家発電と相性のいいエコキュート!その販売設置業者を比較形式で紹介しています!

オール電化とエコキュート

公開日:2019/11/01  最終更新日:2019/11/12


エコキュートを使いたいというときにはオール電化にしてしまうのが一般的です。逆にガスを使わないようにしようと考えてオール電化にしたときに同時にエコキュートを導入することも多くなっています。必ずしも両方セットである必要はないのですが、どうしてこの二つをまとめて導入することが多いのでしょうか。

光熱費の節約という角度からのメリット

エコキュートを使いたいと思う理由として光熱費を節約したいからという理由を挙げるケースが多くなっています。ガス給湯器を使用している家庭が多いものの、ガス給湯器に比べると半分くらいまでお湯に関わる費用を削減できるという場合もあるのが魅力です。

ただ、このメリットを享受するためには電気料金の契約を見直さなければなりません。一日中、同じ価格で電気を使用する契約になっている場合には実はこのような節約メリットはほとんどないのです。

夜間電力が安くなる契約をすることで、そのして安い電力を使ってまとめてお湯を沸か貯めておけるようになります。これが光熱費の削減につながる原理なので、今まで単純な従量料金のプランで契約した場合には切り替えなければなりません。

ただ、このタイプのプランはほとんどがオール電化で使用することを前提にした料金プランなのです。電気の使用量が多くなっても電気料金の負担が大きくなりにくいようになっているので、お得に利用しようと思ったらガスで使用しているものも全て電気に切り替えてしまったほうが安上がりになると考えられます。

実は一般的な家庭ではガスの大半が給湯器に使われていて、他にたくさん使うところはキッチンのガスコンロやガスオーブン程度です。ガス式の床暖房などが入っている場合にはその分がかなり大きくなりますが、通常は給湯器分を電気に切り替えるとガスの使用量が激減します。

それならガスの契約を切ってしまって基本料金を払わなくて済むようにしてしまえばさらに安上がりになると考えられるでしょう。このように経済的な住まいにしたいと考えたら同時に導入するのが合理的なのです。

安全面を重視する場合におけるメリット

ガス給湯器よりも安全だからという理由でエコキュートを選ぶケースも多くなりました。ガス給湯器から発火してしまったり、屋内で使用しているときには触って火傷をしてしまったりするリスクがあるのは確かです。

エコキュートなら屋外で電気を使ってお湯を作るだけなので火事や火傷などのリスクはほとんどありません。このようなメリットをさらに受けられるようにするにはガスそのものを使わないようにするに越したことはありません。

ガス配管があって元栓が開いているというだけでガス漏れによる中毒や火災のリスクが生じるからです。特にプロパンガスを利用している場合にはガスボンベを壊されるような可能性も全く否定することはできないでしょう。

悪意のある行為でなくても居眠り運転などで車がボンベに突撃してしまったら大爆発が起こることになります。このようなリスクを負わないようにするためにはガスを使わない住まいにしてしまうのが合理的です。エコキュートを使うときに合わせてオール電化にしてしまえば安心して住めるようになるでしょう。

リフォームや導入に関するメリット

エコキュートとオール電化をセットにして導入するのは手間や費用の観点からもメリットがあります。どちらの施工をしてもらう場合にも業者に依頼して一時間も待っていれば終わるというような簡単なリフォームではありません

ガス給湯器を外して交換すればエコキュートの設置は終わりというわけではなく、場合によっては配管を整備する必要が生じることもあります。オール電化についても同様でガスを閉栓してしまって、ガスを使っていた機器を全て交換すれば終わりになるとは限らないのです。そのため、大掛かりな工事になることも想定して業者に相談しなければならないと念頭に置いておく必要があります。

とりあえず今回はエコキュートを導入するだけにしておこう、オール電化にするけれど電気給湯器で済ませておこうと考えてしまうと、やはり両方使いたいと思ったときにかなりの負担を強いられることは否めません。どちらかを導入したいと思ったときには両方使いたくなる可能性が高いと考えてまとめてリフォームしてしまったほうが効率的なのです。

 

エコキュートとオール電化は同時に導入することによって経済性と安全性のメリットを高めることができます。オール電化にすることで夜間料金が安い電気料金プランをお得に利用できるようになり、ガスの基本料金も払わずに済むようになるのが経済的なメリットです。

ガスに伴うトラブルが発生しなくなる点で安全性にもメリットがあります。リフォームにかかる手間や費用もトータルで考えると抑えられるのでメリットをよく理解してこの二つを同時に導入することを検討しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
大阪のエコキュート業者一覧
エコ突撃隊の画像1
記事一覧