オール電化や自家発電と相性のいいエコキュート!その販売設置業者を比較形式で紹介しています!

みんなはどうしてる?エコキュート買い替えのタイミングはいつ?

公開日:2019/12/15  最終更新日:2021/02/12


電気給湯機で人気の高いエコキュートですが使っていると劣化していきますので、ある程度のタイミングで買い替えが必要になります。知識をもって使っていれば長持ちしますし、故障に繋がるような使い方をしないようにすることです。

エコキュートはいつ買い替えるべき?

エコキュートを長年使用し続けているお客様の中で、新しい給湯器に変えるタイミングが分からずに、そのまま使い続ける方がございます。

買い替えをするべきタイミングを逃してそのまま使い続けていると、急に壊れて使えなくなってしまう可能性がございます。

後悔する前に、内容を把握しておきましょう。

エコキュートが故障

使っていたエコキュートが故障してしまった際は、新しいエコキュートへの切り替えを検討しましょう。

エコキュートの寿命は大体10年~15年程度で、10年に差し掛かるにつれて故障する可能性は高くなります。

特に設置をして10年以上経っている場合、修理に必要な部品の生産が終了している可能性があり、そもそも修理自体が出来ないといったこともございます。

設置してから10年以上経ったエコキュートが故障してしまった場合、買い替えのタイミングだということを覚えておきましょう。

エコキュートに不具合がある

長年使用していると、様々な不具合が発生します。

エコキュートにはメーカーごとに商品保証があり、保証期間内で不具合が発生している場合は、修理をしてもらって使い続けることをおすすめします。

しかし、給湯されるお湯がぬるい、お湯を使っていると急に熱くなったり冷たくなったりする、給湯されるお湯の量が少ない、水漏れが発生しているなど内容の不具合が発生した場合は、新しいエコキュートへの買い替えを検討しましょう。

エコキュート買い替えにかかるおおよその費用について

エコキュートの買い替えにあたって発生する費用には、エコキュートの本体費用と、取り付け工事費用が発生します。

エコキュートの取付費用の相場は大体25万円~40万円で、工事費用は大体10万円~15万円とされており、合計で35万円から50万円程度発生します。

従来のガス給湯器と比べると高額になってしまいますので、それをデメリットと感じてしまう方も少なからず存在します。

エコキュートの買い替えで考えるべきポイント

エコキュートを買い替えるにあたって、検討するべきポイントがいくつかございます。

買い替えてから後悔をする前に、確認しておきましょう。

メーカー

エコキュートは、多数メーカーから販売されております。

それぞれメーカーによって搭載されている機能や特徴、値段が異なっていることもあり、家庭の使用環境によって設置をするエコキュートが異なります。

買い替える際は、様々なメーカーのエコキュートを前もって調べることをおすすめします。

タンク容量

エコキュートのタンク容量はいくつも種類があり、370L460L550Lの3種類に大きく分けられます。

3人~4人家族の場合は370L4人~5人家族の場合は460L5人~7人家族の場合は550Lのエコキュートが最適です。

家庭環境に沿っていないタンク容量のエコキュートを設置してしまうと、お湯の使い過ぎによってお湯切れを起こしてしまう可能性がございます。

お湯切れを起こすと、お湯がしばらく使えなくなる上に、再度沸き上げをするのに数時間待たなければいけないこともあり、日中に沸き上げを行った場合は光熱費も余計にかかってしまいます。

また、設置する地域の水温で、そのご家庭で使える湯量が変わってきます。

例えば4人家族の場合、温かい地域だと370L、寒い地域だと460Lタイプのエコキュートの設置が最適です。

新しいエコキュートに切り替える際は、ご家庭の使用環境に沿った最適のエコキュートを設置しましょう。

機能

エコキュートには、メーカーによって多種多様な機能が搭載されております。

搭載されている機能によって金額も左右されて、金額が安いエコキュートだと、搭載している機能自体も少なく、必要最低限の機能しか付いていない物も多々あります。

どんな機能を使いたいのか、何を重要視したいのかを、設置する前に改めて確認することをおすすめします。

エコキュートの主要メーカーの違い

エコキュートを販売しているメーカーはいくつもあり、それぞれ特徴がございます。

買い替えるにあたって、あらかじめどのような特徴があるのか知っておきましょう。

パナソニック

パナソニックは、省エネ機能に特化したエコキュートを販売しております。

独自の機能として、付いているセンサーが人の出入りを感知して、自動にお風呂を加熱してくれるエコナビ機能や、シャワーの流量と温度を同時に変動させて、お風呂の残り湯を有効活用して、夜間の沸き上げを節約出来るぬくもりチャージ、湯音とタイマーをご家族の好みに合わせて設定出来る温浴セレクトなどがございます。

省エネについて気にされている場合は、パナソニックのエコキュートがおすすめです。

三菱

三菱のエコキュートには、マイクロバブルを活用した独自の機能が多数搭載されております。

浴槽にマイクロバブルを発生させて、湯冷めしにくく、お肌に潤いを与えてくれるホットあわー、菌の増殖を防ぎ、長時間きれいで清潔なお湯を使用出来るキレイユキープ、栓を抜くだけで、配管を自動に洗浄してくれるバブルおそうじなどの機能がございます。

長時間清潔にお風呂を利用したいご家庭には、三菱のエコキュートがおすすめです。

日立

日立のエコキュートの特徴として、独自の水道直圧給湯により、ガス給湯器と比べてもほぼ変わらない水圧でシャワーを利用することが出来ます。

また、タンクのお湯を熱源として繰り返し利用する独自のナイアガラタフネスと呼ばれる構造により、配管の詰まりの原因になるカルシウムの流入を防げる上に、本来ならば設置することが出来ない井戸水や高硬度の水道水を利用しているご家庭にもエコキュートを設置して利用することが出来ます。

水圧を気にされているご家庭には、日立のエコキュートがおすすめです。

ダイキン

ダイキンのエコキュートには、タンク本体に高品質のステンレスを採用していることもあって、腐食にも強い上に丈夫で、独自の基準を満たしたら、井戸水や地下水を使っているご家庭でもエコキュートを設置することが出来ます。

他にも、1人1人と湯温を選ぶことが出来る温浴タイムや、マイクロバブルを使用して、湯冷めもしにくい上にあたたかさが長持ち出来るマイクロバブル入浴機能など、様々な機能が搭載されております。

エコキュートの買い替え費用を抑えるためには

エコキュートは、従来の給湯器と比べると高額な商品です。

買い替え費用を抑えるためにも、いくつもの業者に相見積もりを取るようにしましょう。

エコキュートを取り扱っている業者は沢山あり、それぞれ出している値段や補償内容も異なります。

取った見積もりを確認した上で、納得した上で設置を検討しましょう。

エコキュートの買い替えで費用だけで選ぶのは危険

エコキュートが高額な商品だからといって、費用面で安かった商品を選ぶのはおすすめしません。

金額が安いエコキュートには、必要最低限の機能しか搭載されていない上に、保証の面でも十分な保証がされていない可能性がございます。

エコキュートを買い替える場合、機能や保証の面で納得した上で商品を選びましょう。

エコキュートの買い替えのまとめ

メリットが高い電気給湯器のエコキュートはガス給湯器よりも費用がかからないために、人気がありますので利用している人が多くいます。そして耐久年数を知ることや、正しい使い方をすることで故障もなく利用期間が長くなる可能性があるので知識としてもっておくことです。

気になる保障期間なども常に確認しておくことや、故障した場合のメンテナンスをやってもらうのも、費用から考えて10年くらいで故障が出てくると考えられます。また早めの交換をしておくことで余計な費用を削減できたり、見積りなども比較検討できると安心して使うことが可能です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
大阪のエコキュート業者一覧
エコ突撃隊の画像1
記事一覧