オール電化や自家発電と相性のいいエコキュート!その販売設置業者を比較形式で紹介しています!

今だからこそ聞いておきたい!エコジョーズとエコキュートの違いって?

公開日:2020/12/19  最終更新日:2021/02/20

使っていた給湯器が壊れてしまい、新しい給湯器へと買い替える際に、省エネの観点からエコキュートやエコジョーズへ変えられる方が年々増えてきております。

給湯器には様々な種類がございますが、エコキュートとエコジョーズの違いやメリットやデメリットについては知らない方が多いと思われます。

今回は、最近選ぶ方が増えてきているエコキュートとエコジョーズの特徴について解説、比較していきます。

エコキュートの仕組みや特徴とは?

エコキュートとは、電気を使用している給湯器の1つです。

特徴的にはエアコンと似ていて、ヒートポンプユニットと呼ばれる装置によって大気中を漂う空気を圧縮することによって熱エネルギーを生み出し、それを利用することでお湯を沸かす仕組みとなっております。

給湯器の1つである電気温水器が電気の力のみでお湯を沸かしているのに対し、エコキュートは空気中の熱と電気の力を利用してお湯を沸かしております。

深夜帯にお湯を沸かした上で貯湯タンクに溜めて、昼間にそのお湯を使う仕組みとなっていることもあって、多少の設置スペースが必要となります。

エコジョーズと違って工事費用が高額なものの、電力を使用する割合が少ないために、ランニングコストが安く済むうえに光熱費を大幅に抑えることが可能です。

エコジョーズの仕組みや特徴とは?

エコキュートが電気を使った給湯器の1つですが、エコジョーズはガスの力を利用しております。

従来のガス給湯器の違いは、お湯を沸かすときに排出する熱の量です。

今までのガス給湯器は、水が通る配管をガスバーナーで加熱することでお湯を沸かしておりましたが、この方法だと、使用するガスの約20%が無駄に排出されておりました。

しかし、エコジョーズではその無駄に出ていた廃熱を回収して利用できる仕組みとなっております。

これによって、従来使っているガスの量も削減することが出来ます。

瞬間湯沸かし器ということもあって、お湯を貯めておくタンクも必要が無く、設置スペースが無いご家庭にも取り付けることが可能なことも強みと言えます。

エコキュートとエコジョーズの比較、違い

エコキュートとエコジョーズはそれぞれ特徴があり、様々な違い、メリットやデメリットがございます。

どのような違いがあるのか、設置するにあたって比較して参考にしましょう。

エコキュートのメリット

エコキュートとエコジョーズの大きな違いはお湯の沸かし方にあります。

エコキュートは、電気と空気の熱を利用してお湯を沸かす仕組みに対して、エコジョーズはガスの力を利用してお湯を沸かしております

エコキュートは火を使わずに電気を使ってお湯を沸かすこともあり、火事の危険性が減ることが大きなメリットと言えます。

また、電気代の安い深夜の時間帯を有効活用してお湯を沸かすことが出来るので、エコジョーズと比べるとランニングコストが安いのも特徴です。

瞬間湯沸かし式のエコジョーズとは違い、エコキュートは沸かしたお湯をタンクに貯める仕組みで、災害時で停電や断水が発生した場合でもタンクの中のお湯を生活用水として利用できるのも大きなメリットと言えます。

エコキュートのデメリット

魅力的なメリットが多いエコキュートですが、一方でデメリットもございます。

エコジョーズと比較する上で、エコキュートは水圧が弱いのと、お湯の使用量が限られてしまうのがデメリットと言えます。

エコジョーズは、水道から供給された水をそのまま沸かして給湯することが出来ますが、エコキュートは、沸かしたお湯をタンクに貯めることもあって、タンク内に貯められているお湯を使い切ると、お湯切れを起こしてしまう可能性がございます

また、沸かしたお湯をタンクに貯める際に減圧を行う関係で、エコジョーズより水圧が弱くなってしまいます

最近だと、高圧タイプのエコキュートが多数メーカーで販売されており、日立のエコキュートは独自の水道直圧給湯機能が搭載されていることもあって、ガス給湯器と変わらない水圧でシャワーを利用することが出来ます。

水圧を気にされている方には高圧タイプのエコキュートの設置をおすすめします。

エコジョーズのメリット

エコジョーズは、エコキュートと違ってタンクを必要とせずに、水道水を瞬間的に沸かすことが出来ることもあって、お湯切れの心配をしなくていいのが大きなメリットと言えます。

また、瞬間湯沸かし式ですので、ガス給湯器と変わらない水圧でお湯を使うことも出来る上に、沸かしたお湯を飲むことが可能です

お湯を使う上で、制限なくお湯を使用することが出来るのがエコジョーズのメリットと言えます。

エコジョーズのデメリット

エコジョーズは、効率よくガスを使ってお湯を沸かすことが出来るので、給湯費用は安くなるものの、光熱費はエコキュートの方が抑えることが出来ます。

また、エコジョーズは使用しているとドレン排水が発生して、排水を下水に流すためのドレン排水工事が必要になる上に、使用時に40℃以上の蒸気が発生することもあって、適した位置に設置を行う必要がございます。

それぞれのメリットとデメリットを把握した上で、給湯器を設置しましょう。

エコキュートをおすすめ出来る家庭

エコキュートのメリットは、年間のランニングコストを大幅に下げることが出来ることです。

そのため、光熱費が高額で、出来れば安く抑えたいご家庭にはエコキュートをおすすめしております。

初期費用がかかる、設置スペースが必要等のデメリットもございますが、近年では様々なメーカーから多種多様なエコキュートが販売されていることもあって、エコキュート自体の金額も下がってきております。

設置スペースが狭いご家庭にも取り付けることが出来る薄型タイプのエコキュートも販売されていることもあって、エコキュートを選ばれるご家庭が増えてきております。

エコジョーズをおすすめ出来る家庭

エコジョーズの強みは、初期費用の安さと、狭いスペースにも設置出来ること、更には、瞬間湯沸かし器ということもあって、お湯切れの心配をせずに利用できることです。

ランニングコストはエコキュートより高いものの、家族人数が多く、普段からお湯をよく使っているご家庭の場合、エコジョーズがおすすめといえるでしょう。

エコキュートとエコジョーズのまとめ

今回は、エコキュートとエコジョーズの違いや特徴についてお話しさせて頂きました。

エコという名前が付いていて、似ていると思われがちですが、仕組みは特徴は全く違うと言えます。

新しい給湯器への買い替えを検討されておりましたら、ご家庭でのお湯の使用環境を改めて確認した上で、最適の給湯器を選んで頂くことをおすすめいたします。

おすすめ関連記事

サイト内検索
大阪のエコキュート業者一覧
エコ突撃隊の画像1
記事一覧